ちょっと 専門的なお話。

 

一般的なドレーピングは大概

衿ぐりを描き込んで衿を作りこんでいきますが

今の私の衿ぐりの決め方は、衿を作り始めてから 衿ぐりを決めています。

 

これは

「玉置のお仕事」の 玉置さんのやり方で学びました。

 

http://tamasan.com/lecture/eri001.html

 

 

自身 玉置さんのやり方で作り始めた方が

衿ぐりが馴染むのと

悩む無駄が減るのと

作りたい衿のために衿ぐりをきめられたほうがオリジナル感があるからです。

 

自分で勝手に描けるものでは無いと玉置さんもおっしゃっていられます。

確かに 

やりはじめると苦悩していた部分が軽減します。

 

 

 

かたがみを作ることに興味のあるかたは一度参考までに覘いてみてはいかがですか?

なにしろ

こんなに手の内を無料公開しているサイトはいまのところ

「玉置のお仕事」以外に私はしりません。笑

 

かたがみをお勉強中の学生さんとか 意欲的なパタンナーさんとか

行きづまっている熟年のパタンナーの方 には必見だとおもいます。

 

多分 少ーし 心得がある一般ソーイングマスターの方も手

 

又 かたがみ作りで 気が付いたことがあれば

 こんな形で ご報告していきたいと思います。

1